地域福祉権利擁護事業

福祉サービスの利用手続きや、日常の金銭管理のお手伝いをします

平成12年4月から始まった介護保険制度は、利用者自身がサービスを選び、サービスを提供する業者と契約を結んで利用する仕組みになっています。

しかし、認知症高齢者、知的障害者、精神障害者など、判断能力が十分ではない人等は、福祉サービスを利用しようとするとき、その契約内容が十分理解できないために、必要なサービスが適切に受けられないことがあります。

そこで当協議会では、福祉サービスの利用手続きや利用料の支払いなどの援助を中心とした、「地域福祉権利擁護事業」を行っています。

対象

在宅生活をしている認知症や、もの忘れのある高齢者や要介護・要支援の高齢者、および障害者のかたで、本事業を利用するにあたっての契約内容が理解できるかた

援助の内容

  1. 福祉サービスの利用援助
    福祉サービス利用手続、福祉サービス利用料の支払手続、福祉サービスの苦情申立手続 など
  2. 日常的な金銭管理サービス
    公共料金等の支払手続、生活費を毎月預貯金から払戻す代行 など
  3. 書類等の預かりサービス
    年金証書や通帳、権利証、実印などを預かり貸金庫に保管

利用料

  1. 相談・支援計画の作成
    無料 
  2. 福祉サービスの利用援助・日常的金銭管理サービス
    1時間 1,000~2,500円
    *支援内容によって異なります。
  3. 書類の預かりサービス
    1カ月 1,000円
相談開始から援助開始までの流れイメージ

すみだ福祉サービス権利擁護センター

  • 住所〒131-0032 東京都墨田区東向島二丁目17-14 すみだボランティアセンター内
  • 電話03-5655-2940
  • FAX03-3612-2944
  • 開所時間9時~17時(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)

墨田社協 事業案内

このサイトをSNSでシェアする

メニュー
ページトップへ